【感想!】『私の嫌いな10の人びと』(中島義道)

この記事は3分で読めます

私の嫌いな10の人びと
Pocket

久しぶりに読んだ、「戦う哲学者」中島義道の、この本。
そう、『私の嫌いな10の人びと』。

今回も、「ヨーロッパ人相手に戦ってるな、ほうほう」と
いつも通り戦っている箇所があって、そこが結構面白かったりする。
(笑)

それでもまあ、日本社会の方がずっと、
中島義道は嫌いなのだ。

まあこれだけ日本の社会通念・社会規範の一つ一つが気にくわない人は、
他にいないんじゃないかと思わせる中島義道だが(笑)・・・・・・

普段の本でも言っている様に、
今回も、思考停止状態で世間の考えに従っていて、
感受性をも世間に合わせている「世間人」が嫌い
*だということ。
(*) 嫌いな10の人々の共通点

そして大抵、「世間人」は、世間の考え(=多数派の考え)に自分だけ従うだけじゃなくて
少数派の考えを排斥・糾弾するから余計嫌いだという訳


僕もはっきり言って、本当に妥当な考えか吟味することなく(怠惰)、
多数派の考えに従うという安全な策をとり(不利益回避+善人面できる)、
少数派を排斥するという暴力を平然と行う奴は、怠惰で偽善的で傲慢で嫌いだ。

私の嫌いな10の人びと


さて具体的にこの本の「私の嫌いな10の人びと」とは・・

1笑顔の絶えない人
2常に感謝の気持ちを忘れない人
3みんなの喜ぶ笑顔が見たい人
4いつも前向きに生きている人
5自分の仕事に「誇り」をもっている人
6「けじめ」を大切にする人
7喧嘩が起こるとすぐ止めようとする人
8物事をはっきり言わない人
9「おれ、バカだから」と言う人
10「わが人生に悔いはない」と思っている人


である。

あれっ、『みんな良い人じゃん』と思ったら、
一度読んでみると彼が嫌う理由がわかると思う。

迷惑はいけないのか!?


さてこの記事では、6の「『けじめ』を大切にする人」に関連する
迷惑という考えについて考えてみよう。



よく「ひとの迷惑になることだけはするな!」と、まるでそれが
絶対的真理であるかのように日本では言われる。

しかし「迷惑とは何なのか?」といったことが吟味されることはない。


じゃあ、どんなことが「迷惑」だと思われているのだろうか?


それは、「迷惑」とはマジョリティーにとっての迷惑であって、
例えば、中島義道の「『車内での迷惑行為をやめましょう』という車内放送自体が
迷惑だ、だからやめてくれ」という主張は少数派にとっての迷惑なので無視
されてしまう(少数派が迷惑しようとどうでもいい)。


また僕は普段、電子レンジと同量の電磁波を発するスマホを
「俺の頭の側で使うな」と思うのだが、利権塗れのメディアはスマホの
電磁波の真実を提供することはないから、多数派の迷惑とならないので、
こちらの主張は通らないことになる。


このように結局、「迷惑」かどうかは多数派の考えかどうかに拠っている




というかそもそも、あることが田中さんにとっては「良いこと」でも、
山田さんにとっては迷惑かもしれないじゃないか。


田中さんはお中元を受け取るのを嬉しく思っても、
山田さんにはお返しが面倒くさくて迷惑かもしれない


田中さんにとってはお祭りの音楽が心地良いと思っても、
山田さんには迷惑かもしれない


田中さんにとっては近所の人からのお裾分けが嬉しくても、
山田さんには迷惑かもしれない



にもかかわらず、「ひとの迷惑になることだけはするなよ!」という言葉は
生きる上で非常に酷な考えで、不可能でもある。


中島義道の言うように、これは、
「生きるな、死ね!」と言うようなものだ。
まあ死んだら死んだで、「迷惑」がかかるが。



なので結局、日本人にとっての「迷惑」という考えそれ自体が、
“多数派の感受性に適合し、少数派の感受性は無視した”暴力的な考えだし、


「ひとの迷惑になることだけはするなよ!」と要求するのは、
非現実的である故に、非常に暴力的な考えだということだ。



まあ、それにも関わらず
「対立を避けようとする(不利益回避)」大部分の日本人は、社会通念を受け入れ、
多数派と迷惑観をも共有し、「ひとの迷惑になることだけはするなよ!」と同じ様に強要し続けるだろうが。



自分としては・・・生きていく上で他人に迷惑(広義)をかけざるを得ないのに、
(だってどんなことだって取り方にとっては、迷惑になるのだから)

「ひとの迷惑になることだけはするなよ!」とは、
自分が子供を作っておいて、口が裂けても子供には、言えない。

誰もひとに迷惑をかけないで生きてきた人はいない訳で、
よって人にそう言える資格のある人はいないし、そんな暴力を子供に押し付ける訳にはいかないからだ。

結局は子供が人生の中で迷惑とは何かを考え、自分の自由の範囲を考えて
生きていくしかない。


そもそもどうして家畜ではなくて、ひとに対してだけ迷惑かどうかを
気にするのだろうか?



とにかく、『私の嫌いな10の人びと』とは、
世間の考えや感受性にしばられている「世間人」が嫌いだということ。

世界は広大で、価値観なんて、時代や地域によっても違うのに、
不利益を回避しようと、世間に合わせている善人面した世間人が嫌いだというのだ。


勿論中島義道が言っていること全てが正しい訳じゃないが、
(たとえば、ありのままの感情を出せばいいと言っている割には、
「自然過ぎる」無愛想なヨーロッパ人に怒ったりして、
かといって「いらっしゃいませーーー」とロボットの様に言う
日本人店員には辟易している)

彼は普段われわれが何となく思っていたり、感じていることに
適切に言葉を当てて、根拠も示しながら論じてくれるので、
新しい視点が得られ、見る世界を変えてくれる。

でも、たとえ、あなたの見る世界が変わっても、
「感謝の気持ちを忘れない人」として、サンクス・レターを
送ってはいけないということを忘れないように。(笑)


彼は世間人が嫌いなので。(笑)

ではまた。

インターネットライフスタイルを送る
アシタカでした。

ではまた。

Sincerely,

Ashitaka

Peace.


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
↓ フェイスブックでも購読できます。↓
あわせて読まれている関連記事
    None Found

関連記事

  1. 日本人の9割に英語はいらない
  2. みずうみ
  3. yoshimoto-banana-essay
  4. ぼくは勉強ができない
  5. 吉本 ばなな np

    2016 06.23

    吉本 ばなな NP

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャンネル登録者30000人

運営者(アシタカ)

1955円が今はFREE。

僕の海外移住を可能にしてくれた、
インターネットビジネスでの稼ぎ方が
書かれている、
Manuals For Internet Lifestyleを
今ならあなたは無料で手に入れる
ことができます。

僕が10日で600個以上の商品を売った方法も教えています。
↓ こちらから ↓
インターネット・ライフスタイル
↑Amazonで1955円で売られている本です。

フェイスブックページ

Get Adobe Flash player